学校クラスコンサートin深江小学校

 

RIMG0099.jpg

 

糸島市二丈にある深江小学校にて、学校クラスコンサートを開催いたしました。

2時間目は1・2年生、3時間目は3・4年生、4時間目は5・6年生の3コマ、体育館のステージでピアノを身近に感じ、子供達や先生方も広瀬美紀子先生の演奏を夢中になって見たり、聴いたりと大盛況で終了しました。

はじめは、先生が春の曲を演奏、「知っている曲はあったかな?」春の小川やひなまつりの曲の演奏でした。

ピアノの周りに集まって、ペダル効果を感じるために、全員で「ヤッホー」というとピアノからエコーが聴こえて、「お~」「すご~い」と歓声が沸きました。

各学年に合わせて「エリーゼのために」や「子犬のワルツ」「革命のエチュード」などを演奏してもらい、ピアノの下にもぐったり、鍵盤を見たりと、子どもたちは目をキラキラさせていました。

目をつぶって「水の反映」を聴き、湖に行ったイメージになったり、「天国と地獄」をみんなで手拍子、テンポの変化を感じたり、「ラデッキーマーチ」では曲想に合わせて手拍子を打つところ、打たないところを分けて共演しました。

学校に用意していただいた共演曲では、子どもたちの元気な歌声に感動しました。「朝から歌声の響く学校が自慢です」と校長先生がおっしゃっていましたが、本当にみんなが上手でびっくりしました。

各学年コンサート終了後には数名の子供たちが広瀬美紀子先生へ感想とお礼を述べてくれました。6年生の感想の中には「昨日のピティナステップのトークコンサートも素敵でしたが、今日はまた違ってピアノを身近に感じれて楽しかったです」と。

とても素直で、元気いっぱいの子供たちとの学校クラスコンサート、いとしまステーションのスタッフも一緒になって楽しみました。広瀬美紀子先生、素敵なコンサートをありがとうございました。

このような企画をもっと色んな学校でやりたいと思いました。


※この事業は平成24年度郵便事業株式会社「年賀寄附金」配分を受け実施いたしました。
1
ページ先頭へ